2005年11月20日日曜日

TLM80 多孔プレート

キャブの分解整備と共に、多孔プレートを取り付けてみます。
ネットで調べた所、リードバルブボディの真ん中に多孔プレートを付けるようですが、取り外したTLM80のリードバルブボディには、写真のような仕切り板が付いていました。チーズおろし器のオリジナルプレートが入れられません。どうしたもんだべぇ。

2005_1120buratto0004.jpg

右が使ってるリードバルブです。おそらく'80年代のNSRの物だろうと・・・TLM80のエンジンを作ったのが随分前なので、忘れてしまいましたーっ。左は'91~'94辺りのリードバルブだと思います。じゃ、左の仕切りの無い物を使えばいいじゃん。とお思いでしょうが・・・

2005_1120buratto0005.jpg

ご覧のように幅が大きくなってて、空冷シリンダーには入らないんですよ。
仕方が無いので、チーズおろし器を諦め仕切り板に直接穴を空けました。小さいのがφ1.8、大きいのがφ2.8です。半端なサイズですが、たまたま手持ちのサイズがそうだっただけで、意味はありません。

2005_1120buratto0006.jpg

で、ネットでの評判通りパワーアップしたのか?と言いますと、TLRの時と同じく変わりませんでした。
これは、私のバイクがクタビレ果てたエンジンだからかも知れません。こんな事をする前にボーリングしろよって話ですね。
まーた、2日も無駄にした?かな?