2006年6月17日土曜日

TLM200/220用幅広グリップに交換

TLM200/220用のハンドルグリップに交換しました。


2006_0617burattoclub0001.jpg

ステップやペダルもですが、どうしてもTLR200/TLM50のグリップの幅が好きになれません。TLR以前にもっと幅広のグリップが有ったのに、何故あの幅なのか?不思議です。

2006_0617burattoclub0003.jpg

上の白いのがTLR200/TLM50用、下の黒いのがTLM200/220用のスロットルパイプです。
TLM200/220用は5mm長くなってます。僅か5mm、されど5mm。握った感じは随分違います。説明しづらいのですが、しっくりきます。操作もし易い感じです。
このスロットルパイプに交換すれば、純正は勿論レンサル等の社外グリップラバーも問題無く使用出来ます。
★53141-KR8-000 スロットルグリップパイプ
★53165-KR8-000 R.ハンドルグリップ
★53166-KR8-000 L.ハンドルグリップ

TLR200/TLM50のスロットルパイプにレンサルやTLM200のグリップラバーを付けると、ラバーがスロットルハウジングに擦ってアクセルが重くなり、最悪アクセルが戻らなかったりします。



2006年6月14日水曜日

TLM50にCR80のクランクは?

十数年前から気になってた、CR80のクランクを手に入れました。

2006_0611burattoclub0009.jpg

このクランクはTLM50よりストロークが6.4mm長く、もし組み込む事が出来ればボア39mm×ストローク47.4mmで56.59ccになります。
私の80ccに組み込めば49.5×47.8で91.94ccです。少しボアを広げれば、夢の100ccオーバー!だーっ!

2006_0611burattoclub0015.jpg

左がCR80、右がTLM50のクランクです。
CR80のクランクは径が大きいですが、現在使用中のNSR80クランクと同じくらい?じゃないかと・・・しかし!

2006_0611burattoclub0013.jpg

幅がっ!違うっ!どうにも成らないのが、左側のプライマリードライブギヤの位置です。これではクラッチのギヤと噛み合いません。残念ながら顕かにNGですね。
ホンダは4st.メーカーで、2st.エンジンの種類は限られています。MBXエンジン以前の、輸出用MB100のクランクも使えませんし、CR80も使えないとなると、TLM50のストロークアップ、オーバー100ccの夢は・・・やはり、夢でした。