2008年7月3日木曜日

チャンバーのカーボン落し(野焼き)

2st.エンジンは、チャンバーにカーボンが堆積すると本来の性能が出なくなりますので、年に一度野焼きをしてカーボンを除去します。

2008_0619buratto-club0016.jpg

洗浄剤なども出てるようですが、スチール製で有ればやはり野焼きが一番だと思います。
中から煙が出なくなるまで完全に焼き切ります。で、少し冷えてからコンコンと全周を叩くと、中から乾いたカーボンがザラザラとびっくりするほど出てきます。
出てきたカーボンを見てると、面倒でも野焼きをして良かったな~と、私の頬を涙が伝うのでありました。