2016年2月25日木曜日

悩ましいリアスプロケット取り付けボルト

あれです。
TLMのスプロケット取り付けボルトはテーパーボルト。'97GASGASの6穴用ボルトは短くて使えない。ときたもんだ。


となるとボルトを購入しなければならない。

どちらのボルトにも強度は書いてないのでTLMのマニュアルで締め付けトルクを調べてみると、指定締付けトルクは3.2~3.5kg-m。
これは確実にハイテンボルトですな~

で、検索で高強度のボタンボルトを探したんですがメッキボルトは強度10.9しかなく、強度12.9となると黒染めしか見当たりませんでした。
オーバークオリティと言われようが、安心安全のためには最高強度の12.9を使いたいんですが、黒染めは直ぐに錆びるんですよね~


で結局、ホンダ純正ボルトを購入しました。XL600RDのスプロケット取り付けボルトです。
これで安心!これで安全!絶対折れません!

んがっ!


あ、あ、頭がーーーーーーっ!


大きすぎて入りませんでしたーーーーーっ!
えーーーい!どうしてくれよーーーっ!!(号泣)


2 件のコメント:

  1. 質問なんですけど、XL600RDのスプロケット取り付けボルトの頭を削って合わすのは出来ないのでしょうか?

    返信削除
  2. yotaさん、コメント有難うございます。
    当方も最初はそう考えたんですが、右のボルトもホンダかヤマハの純正ボルトなんです。
    で、これは問題なく入っているもので、このXL600RD用のスプロケットボルトが特殊なんじゃないかと思い、普通のボタンボルトは入るんじゃないのか?とmonotaroで買おうと思ってたところで、近場のホームセンターで強度12.9のソケットボルトを見つけてしまい、普通のボタンボルトの確認をせずに終わってしまいました。
    で、今も普通のボタンボルトの頭のサイズが気になってます。こんど機会が有れば調べてみたいと思ってるんですが、何時のなることやら・・・

    返信削除